シルバーアクセサリーのメンズ用をクールに着こなす術

二輪車用のバッグ

あると便利なバッグ

バイクに乗る人

バイクや自転車でのちょっとした旅行などを実施する場合、自動車と違って荷物の収納に苦労することもしばしばあります。そんな際にあると大変便利なのがサイドバッグで、バイク用のものはもちろん自転車用のタイプもあります。そんなサイドバッグは、形状やデザインなどもいろいろあり、素材や機能についてもさまざまなタイプが存在しています。それゆえにバリエーションがとても豊富であり、価格についてもばらつきがあります。ちなみに自転車用の場合、自転車の設計をもとに専用に作られているため、邪魔にならないサイズでありながら大容量の荷物が収納可能となっています。その特徴として左右で分離したシングルタイプのバッグで、簡単に着脱が可能です。また構造が単純なために防水性に優れたものなどもあり、耐久性もあるのがポイントです。一方のバイク用のサイドバッグは、ツアラーやアメリカンバイクなどでよく見かけることの多いバッグで、荷物の積載とタンデムライドの両立が可能です。またテールバッグと組み合わせると、より積載量をアップできるというメリットもあります。そして積載量が大きいために旅行用の荷物などはもちろんですが、バイクの場合は緊急時に備えた工具や修理セットといったものを常備しておくという方法もお勧めです。ただしサイズの大きなサイドバッグの場合、バランスが崩れ易くなったりマフラーやタイヤに接触する可能性もあるため、荷物の詰め込みすぎには注意し、選ぶ際にも試着したり対応車種の確認をするようにしましょう。

多い荷物でも大丈夫

バッグの付いたバイク

自転車やバイクで通勤、おでかけをする際、困るのが荷物です。少量の荷物であれば問題ありませんが、パソコンやかさばる書類などを運びたい際や、大量に買い物をしたときなどは、どうやって運べばいいのか悩むものです。こういった事態を解決してくれるのが、サイドバッグの存在です。サイドバッグは、自転車やバイクのサイドにとりつけられるバッグのことで、主に後部座席部分の左右にとりつけられることが多いです。通常、荷物が多いとなると、大きめのリュックサックを背負って自転車やバイクに乗ることを選択されますが、それでも不便なことはあります。リュックサックは一見荷物もたくさん入って、身動きもとりやすいと思われていますが、実際に重い荷物を背負って移動となると辛いものです。自転車やバイクで走行中は、汗をかきやすく、リュックサックを背負っていると余計に蒸れて汗をかきます。また、走行中にリュックサックの肩ベルトの部分がズレてしまうこともあり、走行に集中できません。その点、サイドバッグに荷物を詰めれば、身体には何の負担もなく、走行もスムーズにできます。それに、リュックサックのように、身体が締め付けられることもないので、着衣の乱れも気になりません。そして、雨の日など天気が悪くても、レインカバーなどをつけて、荷物を雨から守ることもできます。このように、サイドバッグは、積載能力に優れていて、大量な荷物の悩みを解決できるので、多くの人に選ばれています。

湿気と紫外線に注意

鞄

サイドバッグとは、バイクなどの二輪車の後部座席に取り付けるバッグです。後部座席の上に置くのではなく、座席をまたぐ形で左右に取り付けることになります。バッグ自体が二分されているので、それぞれに荷物を詰めることができます。もちろん後部座席には別のバッグを置くことができるので、これにより多くの荷物を運ぶことが可能となります。そのためサイドバッグは、食料品や衣類といった荷物が多く必要となるツーリングなどで、よく使われています。逆に荷物が少ない時には、サイドバッグは不要となります。このような場合には、サイドバッグは後部座席から取り外した上で、風がよく通る場所で保管することが肝心です。というのもサイドバッグは、運転中の振動による摩耗で穴が開かないように頑丈に作られているため、通気性がやや悪いからです。そのため風通しの良くない場所に置いておくと、湿気で内部にカビが生えることがあります。それを回避するために、湿度が上昇しにくい場所を選んで保管しなければならないのです。もちろん保管する前には、汚れを丁寧に除去しておく必要があります。外側に土が付着していたり、内部に埃が入っていたりすると、それらが湿気を吸収することで、やはりカビが生えてしまうからです。また、直射日光を浴びせないように気を付けることも大事です。サイドバッグの多くはナイロンまたはレザーで作られているのですが、これらはどちらも紫外線に弱く、浴びせ続けていると劣化しやすくなるからです。逆に物陰で保管しておけば、良い状態が保たれるため、次の機会には快適に使用できます。